誰かと何かを分かち合う時に言語はわりと必要ない

という話しがあります

ボディランゲージが一番伝わるというデータもあるくらいです

 

でも言語はないと困る?モノです

そんな言語ですが一番何に対して必要なのか

と考えた時に自分の感情を表現するのに必要なんだな

という答えに辿り着きました

 

個人的に最近みんなさまの語彙力・語彙量が少ない、拙いなって感じています

だから感情を表現したり伝えたりするのが下手なんだと思います

 

知っている単語が増えれば増えるほど

より正確に繊細に自分の状態を表現でき

相手に伝えることも出来ます

 

知らないから子供は泣くし

いやいやで片づけるしかないのです

 

しかし表現する力があればきちんと言い表せるんじゃないのかな?

って思うわけです

 

でもほとんどの人が子供のようにいやいやで片づけている

どうして今その感情になったのか

その感情をどう表すのがしっくりくるのか

 

寂しい

侘しい

虚しい

傷ましい

悲しい

まあまあ似てるけどたぶん違うし

その違いを伝えたり感じたりするのにも語彙が必要になります

 

別に相手にわかってもらわなくてもいいですが

自分をわかってあげれないのは問題なんじゃないかな?

そんな風に思うわけです

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP