知識や○○学で人を変えることは非常に難しい

 

心理学を学んでも

こころの状態が良くならない人はたくさんいます

 

心理学を学び誰かに活用しても

日本の精神的な不調を抱えた方々は年々増え

減る気配はありません

 

マインドフルネスの本を読んで

マインドフルネスに辿り着いた人もどれだけいるのでしょう?

 

ヒーリングの本を読み

実際にヒーリングを行えている人はどれだけいるのでしょう?

 

知識は所詮知識であり

知識が活用できているとは限りません

 

学ぶだけ

知識を身につけるだけ

そういう風になるのであればやる必要はありません

 

思考に意識が向きがちになり

感情(こころ)、肉体(器)への意識が低下します

 

その結果

自分をバラバラにしてしまい

見失い

苦しみ

よくわからない自分となるわけです

 

自分を探してい迷子になる

よくある話

 

学ばないという選択肢をもっと持つべきです

思考(あたま)を使わない行為をもっとするべきです

 

あまり○○するべき

と使いたくありませんが

ここは”べき”を使います

 

本当にやるべきです

 

あなたはなぜその本を読むのか?

あなたはなぜその学問を学ぶのか?

読むため、学ぶためが目的なのか

自分をよりよくするためなのか?

誰かをよりよくするためなのか?

 

知識は大切で特別なものかもしれません

でも知識以外にも大切で特別なものがたくさんあります

 

もっと広く見てみてください

ちょっと視界が狭いですよ。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。