自然体になりましょう

ありのままの自分になりましょう

 

そんなこと言ってもなかなか難しい。。。

と感じるかもしれません

 

街はビル、コンクリートだらけ

自然と触れ合う時間は低下

無になれる状況下になく

さまざまな情報により混乱、誘惑が多い

そんな世の中の現代

 

どうやって自然に暮らすのか?

一番カンタンなのは月の満ち欠けで暮らすことです

それが一番自然です

 

昔は

太陰太陽暦で暮らしていましたが

今はグレゴリオ暦を採用しているので

人は月との関係性が希薄化しています

 

ひとが30日になったり31日になったりするのって

よーく考えたらおかしくないですか?

 

ひとですよ

月を採用しているのであれば

月の満ち欠けを意識したほうがいいはずです

 

そして

内臓という漢字の中には月が入っています

 

月と自分との関係性を把握し

自分と月の関係をコントロールすることが出来なければ

自然からかけ離れていくのは当然です

 

月と自分の関係性を把握することは

自分が何型で何座であるかを把握するよりはるかに大切で

自分を理解するために必要不可欠なモノです

 

28日~29.5日で月は満ち欠けをしています

その間に自分の状態がどのように変化し

どのような影響が起きるのか

調べてみてください

 

いつでも自然な状態であなたが存在するために必要なモノは月ですよ。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。