身体が弱ってくると

こころにダメージを負いやすくなります

ダメージ

いつもであれば受け流せることも受け流せなくなり

怒ったり

悲しくなったり

普段とは少し違った反応になります

 

それは正常の反応

 

疲れたらイライラするし

疲れたら思考も働かないし

普通な状態ではいられません

落ち込む

こころに余裕がないからだ。。。

と思うかもしれませんが

同時にからだにも余裕がないのです

 

この部分は見逃してはいけません

身体を整えることは

こころの状態を安定させることにも必ずつながります

 

精神科に通っても

病院

カウンセリングを受けても

身体にアプローチをしなければ

改善は見込めません

(いままでうつ病や、不眠症の方を施術をさせていただいた経験から)

 

鬱病の方が筋トレをしたほうがいい

筋トレ

という風に言われているのは

肉体にアプローチをするからです

 

心だけの問題というものは

この世に存在しないんだと思います

 

からだもこころも

両方一緒にケアすることが必須

同時に平行してケアしていくことが

普通に戻る一番の近道です

 

近道なんてないか

地道に取り戻していくしかない

それが人なんだと思いますよ

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。