日々穏やかに暮らしていても

ストレスは自然と溜まっていきます

生活

溜まるという表現より

留まるという表現が正しいかもしれません

 

留まったストレスが気を消耗させ

疲れを感じさせ

からだが重いと感じたり

精神的に苦しさを感じたり

様々な症状として現れています

 

そんなストレスを解消、発散させるために

大切なことは

浮かぶ

力を抜き、何もしない時間をつくる

力を抜き、何も考えない時間をつくることです

 

余白をつくる

余裕を取り戻す

と言い換えてもいいかもしれません

 

からだにストレスが溜まっているなら

寝るわけでもなく仰向けになりボーっとしてみるとか

 

あたまにストレスが溜まっているなら

何も考えず自然を見てボーっと過ごしてみるとか

 

自分のどこにストレスが留まっているのか

それを感じ取り

その場所に適した行動をとる

 

留まっていたモノが流れ出し

少しずつからだから離れていく

それが本来の無、空の状態に戻るということ

 

最初はみんな持っていたモノ

それを忘れてしまっているだけ

だから取り戻す

 

元の気に戻す

【元気】な状態

元気

それが本来のあなたという存在

 

それが自然体であり

無理のない状態

 

日々生きていれば無理をしなければならない

そんなこともあると思います

 

だからこそ元の状態に戻る時をつくる

そういうバランスが必要になるはずです

 

頑張っている姿もいいですが

自然な状態の姿も素晴らしく美しいのです

 

自然な状態に戻ることを忘れずに

日々を楽しんでください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。