生きていれば

毎日毎時間毎分毎秒

何かしら選択しています

 

カンタンなもので言えば

何を食べようかとか

どこへ行こうかとか

どうやるかとかとか

 

大小さまざまな選択をしたり、させられたりしています

その日々の選択をする際に

自分はどのように感じているのか?

どういう風にしたいのか?

というように自分自身に質問する力が必要です

 

質問力という本が流行っていましたが

それは確か外部に対しての質問力だったような気がします

今話しているのは自分の内部に対しての質問力です

 

どのように自身に質問を投げかければいいのか?

どういう質問が自分にとって必要なのか?

適切な質問を投げかけ、適切な回答を選ぶ

 

これが出来ている人がなかなか少ないです

どちらかと言えば回答が先に決まっていて

その回答を出すための質問をしているという印象が強めです

 

いい質問とは考えて聞くというよりは

必要な質問がパッと浮かび上がる、出てくる

という表現が近いと思います

 

そのためには自分の体調がなるべくよい状態であること

姿勢

おなかの調子(内臓)

エネルギーの循環

総じて良い状態であることが大切です

 

質問の質=自分の今の質

と言い換えられるかもしれません

 

モノがたくさん溢れている状態の現代

選択肢自体も増えています

自分に対する質問の質が人生を大きく左右する

そういう時代に増々なっていくのではないでしょうか?

 

今のあなたの質、状態はどうなっていますか?

もう少し自分の質をあげていきましょう!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。